企業情報事業内容関連会社お問い合せ採用情報ブログHOME

事業内容

主要業務

通関手続き

鉄鋼材の供給

韓国南部にあるPOSCOの製鉄所(光陽)から専用船を利用し約960km、1220km離れた豊橋港と四日市港そして、川崎港まで鉄鋼材を3~4船運航しています。


輸入した鉄鋼材は、通関に関わる申告手続きを行います。 港湾→倉庫→通関→入庫→加工→出荷までの流れを効率的に管理することにより大幅なコストダウンを可能としています。



入庫・加工・出荷

鉄鋼材の運搬から日本での通関手続き→加工→出庫までの手順です。

入庫・加工・出荷

ページTOPへ戻る

倉庫運営

長期安定的かつ効率的な供給を目的として設立されたPOSCO Japan PCは埠頭の隣接地に加工工場、保管倉庫などの諸設備を持ち、安定品質と納期管理を徹底し、自動車産業向けJIT納入対応の機能を担っています。
炭素銅、ステンレス銅などの自動車用銅板を取り扱い、約9万トンの保管能力を持つ母材保税倉庫に安全在庫を保有し、ユーザーと鉄銅メーカーの間を結ぶ銅材の物流基地としての重要な役割をはたしています。

倉庫概要

工 場 保管能力 保有装備 積置面積
豊橋 第1物流棟

30,000 t

天井クレーン(30t 1台、20t 4台、10t 4台)

3,528 m²

第2物流棟

40,000 t

天井クレーン(20t 4台)

5,977 m²

川崎 物流棟

50,000 t

天井クレーン(30t 1台、20t 5台、10t 1台、2.8t 1台)

7,905 m²

四日市 第1物流棟

20,000 t

天井クレーン(30t 1台、20t 3台、10t 1台)

2,435 m²

第2物流棟

65,000 t

天井クレーン(20t 4台、10t 1台、4.8t 3台)

8,413 m²

ページTOPへ戻る